守接骨院鍼灸マッサージ院

リクルート
教育とキャリアアップ
フェイスブックページヘ
フェイスブックページヘ
フェイスブックページヘ

ブログ

いつの間にか骨折?

2016.09.12更新

八幡院の旭です。

いきなりですが、「いつの間にか骨折」という言葉を聞いたことがありますか?

テレビCMで流れていて見たことがある人もいるかもしれませんが、知らない間に骨折してしまっていることです。

「いつの間にか骨折」とは、押しつぶされるように骨が圧迫されて起きてしまう骨折で、圧迫骨折とも言います。

特に脊椎で起こった「いつの間にか骨折」は力の大きさや骨粗鬆症の進行具合に比例して起きやすくなります。

転倒や尻餅をついても脊椎が圧迫され骨折にいたる場合があります。

骨粗鬆症が進行している人では、咳やくしゃみの軽微な力で骨折にいたる場合もあるそうです。

そのため、骨密度の低い高齢者に起きやすい骨折であると言えます。

 tuitai

「いつの間にか骨折」は根治治療がとても難しい骨折です。

痛みの原因は骨が折れることも1つの要因ですが、背骨が曲がる事により筋肉に負担が掛かり痛みが出る場合もあります。そのため、筋肉への負担が軽減すれば痛みも徐々に軽減していきます。

痛みが強いとどうしても薬や注射に頼りがちで、その場は痛みが軽減しますが、副作用などによる体への負担も大きくなってしまう可能性があります。

その点、手で直接触れ体への負担が少ない手技療法・筋肉の深部に直接アプローチできる鍼治療は、副作用も少なく痛みの軽減に対して効果が期待できます。

 

当院では、手技療法に力を入れ、様々な痛み、症状に対応しております。、骨折や脱臼による関節の拘縮のリハビリはもちろん、肩が痛い・腰が痛いなど健康保険を取り扱っての治療も可能ですので、お悩みの症状等ありましたらお気軽にご相談下さい。cimg1400

 

人間は、何もしなければ加齢とともに骨も筋肉も衰えていきます。

身体の状態を把握した上でその状態に合わせた施術を行い、段階を踏んで体を整えていきましょう!

新着情報