守接骨院鍼灸マッサージ院

リクルート
教育とキャリアアップ
フェイスブックページヘ
フェイスブックページヘ
フェイスブックページヘ

ブログ

お酒と骨粗鬆症に新たな関係性が!?

2018.10.06更新

八幡院の旭です。
先日文献を読んでいたら面白く、為になる内容が出て来ました。

昨年の文献で慶應義塾大学の研究グループの内容によりますと、飲酒後に赤くなりやすい体質の遺伝子多型を有する人は、その多型を持っていない人に比べて2.48倍、骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折をおこしやすくなることを明らかにしました。そこからビタミンE摂取が予防に効果がある可能性も見出したそうです。

骨粗鬆症による骨折のなかでも最も重篤な「大腿骨近位部骨折」は、寝たきりや介護の要因となるほか、死亡率も増加させることから予防が重要視されています。
しかし、多くの骨粗鬆症治療薬が臨床応用されているにもかかわらず、大腿骨近位部骨折の発生数が増加の傾向にあり骨粗鬆症治療薬とは異なる方法の検討が必要となっていたそうです。

お酒を飲むと赤くなることが、本人や家族など周りの人が骨折のリスクに気づくための指標となり、家庭でできる高齢者の骨折予防へと発展することが期待できそうです。

ただ、ビタミンEで予防ができるというのまだ可能性の段階です。
骨折自体の予防は事前にできますので下記をご覧ください!
・筋肉
まずは筋肉で、特に体幹、下半身が大事です。
運動をすることは、筋力の強化につながります。特にスクワットはおススメです。
筋肉強化にはタンパク質も必要ですが食事だけでは取りきれないと方もいると思います。
そのため、特に運動前後の時に筋肉が一番発達している時で筋肉が合成されやすい時間帯でプロテインを飲むことをオススメします。
・バランス
1分間の片足立ちや片足立ちが入った運動、上り下りするステップ運動が効果的です。
・柔軟性
背中が丸くなって前かがみになると、重心が前になりつまずいたときに倒れやすく なります。
高齢になると背筋がより大事です。
お腹をひっこめて胸を張るような姿勢をしましょう。うつ伏せになって上体をそらす運動を行うと背筋が柔軟になり、よい姿勢が維持できます。
・俊敏性
速い動きが入った運動をしましょう。30秒間で椅子の立ち座りが何回できるか。回数が多いほど瞬発力があります。

こういった事で骨折の予防には繋がります!
10年、20年後の自分の体を想像して、未来の体を今から作ってみてはいかがでしょうか?

体幹部分の筋肉強化は姿勢改善にも繋がります。
また、バランスが感覚も良くなり転倒予防にも繋げられます。
当院のEMSであれば体幹の筋肉が奥の方まで鍛えられ芯からしっかり作ることができます。
・お試し2160円
回数券はキャンペーン価格で
・24回 55000円→ 25回 50000円
・32回 65000円→ 33回 60000円
になります!
ご興味がある方は是非ご相談ください!EMS画像(トリミング)

新着情報