守接骨院鍼灸マッサージ院

リクルート
教育とキャリアアップ
フェイスブックページヘ
フェイスブックページヘ
フェイスブックページヘ

足底筋膜炎について

 

 

足底筋膜炎は、足底筋膜や腱組織に炎症が起こることを指し、主に足の裏が張っているような違和感に襲われるのが症状です。

 

足底筋膜という名は耳馴染みがない人も多いでしょうが、具体的には踵から足の指の付け根までの範囲のことをそう呼びます。ここに小さな断裂が起きて痛みが生じたり、重い不快感を抱えるようになるのです。

 

足底筋膜炎の原因

 

 

足底筋膜炎の原因には、足底筋膜の酷使が挙げられます。発症は中年世代以降の人に多いものの、若い方でも長時間の立ち仕事をされていたり、あるいは激しい運動を継続的に繰り返していると発症します。

 

足底筋膜は足の甲の骨を支える重要な部位で、本来はある程度の負荷には耐えられる丈夫なものです。しかし酷使をすると小さなヒビが入ってしまい、それが痛みに繋がります。

 

足底筋膜炎でお悩みなら当院にお任せください

 

 

足底筋膜炎でお悩みなら守接骨院・鍼灸院にお任せください。
当院では、まず現在の症状、痛みが出た経緯、過去の疾病歴など詳しくお伺い致します。具体的にお話を伺うことで、効果的な治療や早期回復の糸口になります。

 

伺った話と、疼痛部位を確認し、患者様お一人お一人に合わせた施術を行っていきます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!お待ちしております。